谷中・千駄木の珈琲工場お休み処で淹れたてのおいしいコーヒー♪谷中銀座散歩で立ち寄りたいカフェ

珈琲工場

谷根千散歩でぜひ立ち寄りたい、おすすめのカフェでが「珈琲工場お休み処」です。焙煎60年の技で焼き上げた厳選した豆で淹れた珈琲が楽しめます。
今回は「珈琲工場お休み処」をご紹介します。

珈琲工場お休み処の場所は?

千代田線「千駄木駅」から徒歩4分、JR「日暮里駅」から徒歩7分の場所にあります。
「日暮里駅」からいく場合は、北改札を出て、左手の西口から出ます。
そのまま道なりに進んでいき、夕焼けだんだんの階段を降りて、谷中銀座商店街を進みます。
突き当たりを右に曲がり、よみせ通りを進んでいくと、右手に珈琲工場があります。
その角を右に曲がり、少し入ったところの左手にお休み処があります。

「千駄木駅」から行く場合、2番出口を出たら、不忍通りを進み、右手の駐車場がある角を右折します。
突き当たりを左折して、よみせ通りを道なりに進むと右手に珈琲工場があり、その角を右に曲がり、少し進むと左手にお休み処があります。

珈琲工場お休み処で美味しい珈琲をいただきました


珈琲工場では、 世界各地から厳選した豆を輸入し、焙煎60年の熟練した焙煎工場から直送の「東京焙煎珈琲」が楽しめます。
珈琲豆の販売や、コーヒーのテイクアウトができ、店内の席でいただくこともできます。

そして、珈琲工場のすぐそばにあるのが、別棟の珈琲工場お休み処です。こちらでは珈琲工場のコーヒーや軽食などがいただけます。

珈琲工場
店内は、おしゃれな和モダン。通りから少し入ったところにあるので、静かで落ち着いています。
飾られている絵や置物も素敵です。

珈琲工場
店内にはテービル席や畳の小上がりがあります。
外にも席があり、ペットもOKです。

珈琲工場お休み処のメニュー

ドリンクメニューは、淹れたて温かいor冷たい珈琲、淹れたて温かいor冷たいミルク珈琲、急須で淹れた温かいor冷たい紅茶、自家製温かいレモネード、自家製レモンソーダ、自家製ジンジャエールなど。
軽食はコンビーフサンドやチャーシュー焼サンド、はんぺんチーズ生姜の焼サンドのほか、ワッフルや手作り焼き菓子などのスイーツもあります。コンビーフサンドには千駄木にある「腰塚」のコンビーフ、チャーシューサンドは谷中銀座にある「肉のサトー」のチャーシューなど地元の食材が使われています。

この日は少し暑かったので、淹れたて冷たい珈琲と、自家製チリコンカンバゲット?(名前を忘れてしまいました💦)を注文しました。

珈琲工場
こちらが、淹れたて珈琲!「クレバーコーヒードリッパー」で提供されました。
最初に淹れ方の説明をしてくださいました。タイマーが鳴ったら、ドリッパーをグラスの上に置きます。

珈琲工場
すると、コーヒーが一気に落ちていきます。初めてだったのでちょっと面白かったです。
コーヒーはスッキリしていて飲みやすく、美味しかったです。

珈琲工場
こちらがチリコンカンバゲット。スープ付き。バゲットは西日暮里のブーランジェーリー・イアナックのものだそうです。
バゲットも美味しいし、チリコンカンも辛くてとっても美味しかったです。

落ち着く空間で、美味しい珈琲をいただける素敵なカフェでした。谷中銀座をお散歩して疲れた時にちょっと休憩するのにもおすすめです。

珈琲工場お休み処の店舗情報

店名 珈琲工場お休み処
住所 〒110-0001
東京都台東区谷中3丁目13−7
電話番号 03-5832-9928
営業時間 10:30~21:30
※新型コロナウイルスの影響により営業時間が変更となっています。公式サイトをご確認ください。
定休日 不定休
メールアドレス ko-hi-ko-jo@ti-yanesen.jp
公式サイト https://www.tatamicafe-yanaka.com
珈琲工場公式インスタグラム https://www.instagram.com/coffee_ko_jo/
地図